もうひとつの大きなハードル 市民の資質

2010.10.07

 

仮に、河村市政に賛成する候補者が揃ったとしても

にわか市会議員が市民のための仕事ができるだろうかと

心配してしまいます。

 

 

あの小泉チルドレンとは

志において

大いに違いがあるとしても

心配なことです。

老獪な今までの市会議員と

わたりあえるでしょうか。

 

地域委員会の目論見は

従来の従来の組織のしがらみを排して

初めて機能し、達成されるものです。

 

河村市政は

市役所と議会、そして地域のありかた全体にメスを入れ

従来ある多くのもの排することによって

大胆に変革しようとしています。

 

市役所にも議会にも地域にも

意識変革した人材の存在あるいは育成されることが

前提にある条件なのです。

 

まず、その成否は

名古屋市民の

清廉な市民としての資質

それが問われるのです。

■この記事へのコメント

  1. コメントはまだありません。

■コメントを書く

■トラックバック