2014年3 月のアーカイブ

問題の教師

2014.03.27

 

教育相談中に

ニイルの著作「問題の教師」を思い出していました。

相も変わらず、小権力者の病質が学校に巣くっているのです。

政治の世界だけじゃなく、街中、農村の隅々まではびこっています。

次世代にとって不幸としか思えません。

子どもたちは、利己的に生き抜く術を身につけるしかなくなっています。

金持ちになるために医者になる

権力を得たいから官僚になる

優秀と称賛される受験生の未来の希望でした。

そう言えば不登校生の通う学校の駐車場には

ぴかぴかの外車が何台も置かれていました。

現世的利益だけを追求する社会の現実がそのいじめそのものと感じてしまいます。

人間そのものは進化しません。

むしろ、退化しているのではと思ってしまいます。

あれから

2014.03.04

 

あれからもう3年です。

わたくしたちはこころの整理をどうしようとしているのでしょう。

わたくしたちはどこに進もうとしているのでしょう。

人間と呼ばれるにふさわしい選択をわたくしたちはしているのでしょうか。