2010年7 月のアーカイブ

仲間があればこそ

2010.07.22

 

試験にうまく合格されてなら

いいんですが。

挫折して

どんどん仲間が去って

仲間が減っていくのは

寂しい限りです。

 

仲間があればこそ頑張れるものだなと

痛感しています。

 

学ぶ当初

あれだけ

夢多き青年たちが

老人ひとり

わたくしだけを

残して

行ってしまいました。

 

新しい夢に向かっての旅たちと

信じよう。

答えがひとつ

2010.07.19

 

穴埋めをし解答を照らし合わせ

カードでの反復練習

テキストを見ながらの 

CDなどの音声講義

 

読むことも

議論することも必要がない

答えに至るように覚えるのが勉強

 

面倒でないから

いいそうです。

ときどき

その答えや解説が

おかしく思えても

訂正があってから

覚え直しをすればいいそうです。

報酬

2010.07.17

 

人様からの

感謝の言葉こそ

いちばんの報酬です。

実感しています。

身近に相談する人がたくさんいて

その人たちにお金を払っているからと

安心しきっている人が結構いるものです。

 

不動産を20年も貸せば

その間にいろいろあるものです。

法律の上では勝てたとしても

実際上は負けといったことは

いくらでも例があることです。

仲介した不動産屋さんが損害を補償してくれるものではありません。

 

大きな勘違いが

いろんなところにあるものです。

応援の輪

2010.07.12

 

メールの返信をするのに

「教えている人が今日試験でね」となにげなく書いたら

すぐ、「わたしも応援する」と返信していただきました。

 

こんな応援の輪が広がる社会が現実となればよいのにと本気で思いました。

環境は存在を規定する。

 

存在は

環境の従属変数であるにしても

環境を変えることによって

環境が変わることによって

存在は変わるのです。

 

わたくしたち

ひとりひとりは

ただの

従属変数だけの存在で

人生を終えようとしては

ならないのです。

 

そんな信念を込めて

迷惑を顧みず

若い人と

向き合っています。

安定した職業

2010.07.09

 

就職のための提出書類作成の相談を受けている中

仕事選び、会社選びのいちばんの基準が

適性ややりがいといった以上に

将来も含めてその職業の安定性にあったとしても

古今東西変わらぬことだと理解はしています。

 

頭では納得して指導に励んでいますが

真からは納得していないことがわかることが往々にあります。

相談者が真剣であればあるほど察知されやすいことです。

そのことが、逆に

相談の幅や深さを広げる結果になっています。

 

将来は

職業の安定も含めて

あなたが

じぶんが

みんなで切り開いていくことなんです。

いい出会い

2010.07.01

 

事務所に通うのに

交通費が安いのと

時間がかかっても

事務所の近くで停車するという利便性から

ちょくちょく地域バスを利用しています。

美術館や資料館も経路にあって

暇なわたくしには退屈しない乗り物です。

 

 

ちょうどた乗ったところに

親しくさせていただいている

司法書士の先生から電話がありました。

迎えに行くから食事をしようというのです。

 

乗り継ぎのところで打ち合わせ

食堂の多いところで会うことにしました。

 

かれは

きのう

登記に必要な承諾をお願いに伺ったたところ

お茶とお菓子つきで歓待され

わけもよくわかっていただいて

その場ですぐに承諾していただくという

いい人との出会いをしたというのです。

 

長い間の懸案事項から解放されたという満足感と

いい出会いをしたという感動で

きょうは仕事をする気がなくなって

わたくしを誘う気になったというのです。

 

あれっ

一昨日も

仕事が順調だからと

主治医の先生からお誘いを受け

ご馳走になったばかりです。