届出・申請

行政書士の日

2012.05.05

 

2月22日は行政書士の日です。

愛知県行政書士会の企画で

中日新聞の企画広告に事務所案内を掲載していただきました。

 

病気の後に行政書士を開業されたのですかなど反響がありました。

ありがたいことだと思います。

費用と報酬

2010.09.03

 

過払い請求に対しての報酬が問題にされています。

それはそれでとんでもない話がいっぱいです。

そのせいか

弁護士さんや司法書士さんの別の仕事までにお金をたくさん取られたという話を聞くようになりました。

しかし

費用と報酬が区別されないで

請求された総額だけを問題にして

取られた取られたといっている場合もあります。

 

たとえば土地の売買取引では

課税額の1000分の20にあたる登録免許税が

所有権移転登記には必要です。

一千万の土地であれば二十万の費用が登記には必要なのです。

この二十万円は

あくまで登記をするだけに必要な登録免許税という費用であって

別途かかる税金とは全くの別物です。

 

この登録免許税に、

その他の諸費用を足し

請求額からそれらを引いた額が

その司法書士の先生の報酬です。

領収書の明細を見れば明らかかと思います。

 

離婚をして氏名を変更したり 

合筆したりするような

登録免許税の安い

真逆の場合も含めて

ホントに誤解の多いのが士業の先生の報酬です。

 

そんな話の中で

どうこう言うなら

あなた自身がされればいい

あなた自身でもできますよというお話をすると

ビックリ

ビックラなのです。

 

キャバクラなどで遊ぶお金は惜しくなくても

士業者に払うお金は惜しいものです。

ちょい知りオヤジ

2010.06.28

 

独学から

資格学校などで少しずつ学ぶようになって3年ほど経つのですが

クラスメートからもちょくちょく相談があります。

法律など生活知識のちょい知りオヤジは

結構人の役に立つのです。

人次第

2010.03.08

 

わたくしの親族の相続問題で

相続人全員一致して内縁者に贈与するという案件がありました。

贈与側の相続人たちに金銭的な負担がなければ、

無償で贈与してあげようと意見が一致して

縁者の依頼を承諾しました。

ところが、

受贈者である被相続人の縁者が

司法書士の先生から、報酬、登記費用、税金など経費がかかると説明されると

なぜか、尻込みされてしまいました。

それで、10年とはいかなくても、それに近い心理的期間が経過してしまいした。

相続人たちは、

相続財産は、「どのようにも自由に処分していいのだよ」という

善意さえも通じないのかと

何度か落胆し、

また、腹立たしい思いを味わって、何度か集まっていたのでした。

相続人は、わたくしの推薦する司法書士大崎晴由先生にすべてをお願いしました。

長い間、辛抱強く、おつきあいをいただいて

やっと、最近、相続人がお願いしたことはすべて完了しました。

今回も

解決できるか否かは、人次第ということを

学ばさせていただきました。

大崎先生は、わたくしや親族の相続人の善人ぶりに感心されていました。

しかし、わたくしたち以上に、

いまだ、報酬を一銭も得ていない大崎先生こそ

「稀有な善人」です。

無償の行為、無欲の行為、献身的な行為は人を説得させるものです。

大崎先生に感謝を込めて書かせていただきました。

解答力

2010.03.08

 

TVのCMに解答力ということばがでてきます。

わたくしも就職予備校の講師をしていたとき

解答力ということばと同じ意味で

答案作成力ということばを使っていました。

いわば、安岡章太郎の「宿題」のように

田舎から転校した少年が

初めての夏休みの宿題をやらずになにげに済んでしまうことは

世の中には、なかなかありません。

(まさに、その少年がわたくしでした。)

世の中の現実は

また、宿題を出せばそれで終われるというものでもありません。

設問の解答にはならないことを

長編の力作にして答えたとしても

何回も提出を繰り返したとしても

まず採点される条件にをクリアし

次に合格する条件を超えた

解答をしなければ合格できません。

世の中は持ちつ持たれつ

そうした過去?(今もかも?)の

時代の常識の弊害だけが

あちらにも

こちらにも

遺されているように思います

そして,また,いっぽうで

宿題を出さない少年が

生き残れる社会で

なくなってしまったことも

とても、かなしく

残念な

住みにくい世の中になったものだと思いませんか。

制度が変われば

2009.10.24

 

テレビをつけると

過払い請求のCMばかり。 

前にも触れましたが、困窮者をビジネスにしています。

20%なにがしを超える利率の部分を

20%以上の報酬を取って

過払いとして払い戻し請求をするわけです。

日本の資産家のランキングをみて

美しい日本とか

誇りある日本とか

友愛社会とかいう政治家の言葉が

いかにうつろなものかと感じます。

制度がちょっと変われば

士業の業界は

いろいろと

なかなかのものです。

昨日、今日と都市計画法の勉強をしました。宅建の学習以来です。

昨年11月に改正され、市街化調整区域では規制がより厳しくなりました。

店舗に住宅がつけられません。

許可と届出

2008.10.29

 

 一般の風俗営業は許可制であることに対し、性風俗は届出制です。もちろん、届出よりも許可のほうが厳格です。そんなことから、許可と届出の違いについて、わかりやすくおもしろい解説がありました。こんなふうで行政書士会の研修会はなかなか飽きません。聞きたければ、行政書士試験に合格して、入会してください。